2012年

・ミャンマー労働省と産業人材育成に関する協議開始。
・ミャンマーヤンゴンにて「第3回TPS/リーン方式セミナー」に参加。JICAヤンゴン事務所にて産業人材育成事業計画を報告。
・JICA民間連携室委託調査チームが弊社ヤンゴン事務所を訪問、関係各所視察。
・東京で開催されたJICA民間連携室主催のワークショップにて「産業人材育成モデル事業」として紹介される。
・一般社団法人SBS国際産業人材育成センターとSBS Skill Traning Centre の業務指導提携。
・SBS Skill Traning Centre 開所記念(ミャンマー労働省とのコラボレーション開催)としてミャンマーヤンゴンにて「第4回TPS/リーン方式セミナー」開催。
・TOWARDS21 SERVICES CO., LTD. のミャンマー政府人材派遣ライセンス申請。
・一般社団法人SBS国際産業人材育成センターとTOWARDS21 SERVICES CO., LTD.の業務指導提携。

U MAUNG MYINT大臣
U MYO AUNG労働局長

2013年

・5月20日〜ミャンマー連邦共和国 労働大臣H.E. U Maung Myint閣下来日記念セミナー開催
・ミャンマー政府労働・雇用・社会保障大臣 U MAUNG MYINT氏および労働・雇用・社会保障省労働局長 U MYO AUNG氏をはじめとする技能実習生制度に関わるミャンマー政府要人を業務指導提携先である一般社団法人SBS国際産業人材育成センターが招聘。
日本での技能実習制度を視察いただく。これを機に凍結されていた日緬間の技能実習制度についてJITCOと正式に再度協定を締結。
また、この視察によってミャンマー人女子の技能実習生が解禁となる。
・ミャンマー副大統領および下院議長へ日緬間の産業人材交流発展について陳情および表敬訪問。会談をおこなう。
・受け入れ監理団体10団体と技能実習に関する協定を結ぶ。
静岡県富士市(製造業)男子9名、静岡県湖西市(製造業)男子6名の送出し申請開始。
・9月 上記15名の日本上陸。日本国内法定講習開始。
・受け入れ監理団体5団体と技能実習に関する協定を結ぶ。
静岡県2社における15名の技能実習スタート。

2014年

・1月以降 ミャンマーでの企業面接が行われ、続々と技能実習生の日本入国開始。
・12月8日〜11日 ミャンマーカヤー州 U Khin Maung Oo 首相以下、州政府要人が来日。
国土交通省、法務省、厚生労働省、農林水産業、外務省などの関係各省庁にて下記議題等について協議。
●技能実習制度に関する送出し国・受け入れ国両国の役割と責任に関する意見交換
●介護業界における技能実習制度の将来的な摘要
◯外国人技能実習制度についての説明
◯外国人技能実習生育成に関する受け入れ国側からのアドバイス。

国土交通省
合同ミーティング
農林水産省
合同ミーティング
法務省
合同ミーティング
厚生労働省
合同ミーティング

2019年

・2013年9月入国の実習生以来、2019年2月4日までにTOWARDS21 SERVICESで送出した技能実習生
総数 1,285名(うち実習中 882名)

・2019年2月22日 ミャンマー教育省職業訓練学校(SMVTI)と正式に提携開始